24時間、太陽エネルギーを活かす暮らしへ。自然の光を効率よく電気に換える。余った電気は電力会社へ売る。そんな賢いエコライフ。

長く安心してご使用いただくために、設置までトータルで対応いたします

太陽光発電に興味はあるけど、設置は大変じゃないの?そんな疑問に具体例でお答えいたします。
私たちKoeiRCは施工まで自社で一貫して行う為、ご提案時から的確な導入イメージをお伝えする
ことが可能です。ご要望に応じて最適なご提案と、スムーズで丁寧な設置作業で長く安心して
お使いいただけるよう常に心がけております。

設置事例一覧(瓦屋根)

施工事例(瓦屋根)


  • 1.金具位置決め

  • 2.瓦をはがす

  • 3.防水シートを置く

  • 4.補強板を置く

  • 5.金具を置き固定する

  • 6.瓦に水切り加工を
    施し元に戻す

  • 7.ボルトを付ける

  • 8.金具固定完了

  • 9.ボルトに縦ラックを
    入れ固定

  • 10.縦ラック固定完了

  • 11.横ラックを置き固定

  • 12.横ラック固定完了

  • 13.ケーブルの配線

  • 14.パネル設置

  • 15.パネル設置完了

  • 16.カバーをボルトで
    固定

  • 17.工事完了

瓦に穴を開けたり、場所を選ばずに留め金具を取り付ける工事では、設置後の耐久性だけでなく、雨漏りなどの
原因になります。当社では、垂木に固定された留め金具を瓦と瓦の間から出し、そこに架台を取り付けその後に
太陽電池を取り付けます。この工法では、瓦に穴をあけることがありませんので、雨漏りは起きません。
また、留め金具の高さ調整をミリ単位で行い、メーカー指定部材を使うため、耐久性にも優れています。

設置事例一覧(スレート屋根)

施工事例(スレート屋根)


  • 1.パネル配置を決める(墨出し)

  • 2.防水シートを屋根材の間に挟む

  • 3.金具の高さ調整

  • 4.パネル1枚につき4個金具を配置

  • 5.防水材 宇部興産の
    ゴムアース材使用

  • 6.垂木の位置でビス打ち固定

  • 7.軒カバー取付

  • 8.アースを取る

  • 9.軒よりパネル設置

  • 10.下面のパネルを固定

  • 11.上面を固定

  • 12.パネル設置

  • 13.ケーブルをPF管に入れ固定

  • 14.カバーの端面を取り付け

  • 15.間カバーを取り付け完成

スレートの屋根の場合は、留め金具を取り付ける際の防水処理が重要です。当社では、4重の防水処理に加え、
留め金具そのものに防水を施す、5重の防水処理を施しますので、安心です。さらに、留め金具は、垂木固定方
式ですので、耐久性も高く最も信頼できる工法を採用しています。

室内工事事例(パワーコンディショナー)


  • 1.取り付け場所を決める

  • 2.点検口からの配線

  • 3.屋根裏の状況を確認

  • 4.柱に固定し水平を
    出す

  • 5.パワーコンディショナー固定版

  • 6.柱の無い所にはボードアンカーで固定

  • 7.固定版の取り付け

  • 8.配線用ケーブル
    (VVR5.5m)

  • 9.家庭の分電盤に配線

  • 10.太陽光専用の漏電ブレーカー取付

  • 11.取り付け完了

  • 12.配線を接続

  • 13.接続完了

  • 14.完成

  • 15.家庭用の漏電ブレーカーの1次側に接続し作業完了

防湿タイプを使用をしておりますので、今まで取り付けできなかった、洗面・脱衣所のお取り付けも可能になり
ました。
室内配線に当たりましても、1万件を超える確かな施工実績のもと、配線を致しますので露出部分は特
別な場合を除き行いませんので安心です。